脱毛をはじめるキッカケと過程

MENU

脱毛をはじめるキッカケと過程

脱毛はお金も時間もかかるので、躊躇している方も多いと思います。
そんな方々に少しでも参考になるように、私の脱毛体験談をお話しします。

 

○脱毛を始めるまでの処理について

 

私は子どもの頃からムダ毛がとても濃い体質でした。
小学校6年生の時には口まわりにヒゲが生えていました。
しかしおしゃれや身だしなみに無頓着だったので、そんなことは全く気にしていませんでした。
中学校は私立に入学したのですが、そこで衝撃を受けました。
周りのクラスメイトはみんなとてもおしゃれで、毛の処理もしっかりしていたのです。
私は相変わらずムダ毛をそのままにしていたのですが、体育祭で半袖短パン姿になった時、ふと見た自分の腕や脚をクラスメイトと見比べてびっくりしました。
それからというもの、カミソリや除毛クリーム、毛が薄くなるローションなど、あらゆる手段を使ってムダ毛と戦いました。
基本はカミソリでしたが、学生でお金がなく、カミソリの刃を変えずに何度も何度も使っていたため、かなり肌にダメージを与えてしまいました。
この影響で脚は粉をふき、毛穴が赤黒く目立つようになりました。また、わきやひざには鳥肌のようにぼつぼつと盛り上がった毛穴ができてしまいました。
それでもムダ毛が気になるので、大人になるまでずっとカミソリで肌を酷使していました。
やっと金銭的に余裕がでてきた頃、脱毛を考えるようになりました。

 

○お店の選び方

お店選びで重視していた順番は以下のとおりです。

@安全性
A効果の高さ
B予約の取りやすさ
C価格の安さ

 

@安全性

私が一番に優先していた事項は、安全性です。
世の中には安くてたくさん店舗展開している脱毛チェーン店が存在します。
しかし、そういう店はアフターケアが良くないという噂を耳にしていました。
そこで、多少高くても安心できるクリニックを選びました。

 

A効果の高さ

効果の高さは、マシンの性能で選びました。
エステサロンのマシンは効果が弱いので、クリニックを選びました。

 

B予約の取りやすさ

チェーン店は人が殺到するので、どんなに店舗が多くても予約が取りづらいです。

 

C価格の安さ

チェーン店に比べると値段は上がりますが、変に安い店にするよりもある程度お金を出した方が安心できるので、高すぎず安過ぎず、という店を選びました。

 

 

○初めての施術

初回来店時は、カウンセリングを受けて、同意書にサインします。
それが終わると個室に案内され、専用の服に着替えます。
ベッドがあるので、そこに横になり、施術開始です。
まずは照射部位に専用ジェルを塗ります。
そして照射します。
照射中の痛みは部位によって異なりますが、ほとんどは痛みがないか針で軽くチクチクされる程度です。
照射が終わるとティッシュでジェルをふき取り、保湿クリームを塗って終了です。

 

○部位による痛みの違い

いくつかピックアップしてご紹介します。

@腕と脚

ここか普段からカミソリを使用していたので、ほとんど痛みはありませんでした。

Aわき

ここもカミソリで肌が強くなっていたのか、何もかんじませんでした。

BVIO

Vは皮膚が薄いためか、わりと痛みがありました。
IとOは普段も処理していないのですが、あまり感覚がありませんでした。

 

○実感したこと

たいていの部位は、1回目からかなり毛量が減り、効果を実感できました。
ムダ毛の濃い部分はすぐに効果を感じますが、数回施術を受けて産毛になった部分は、なかなか抜けきってくれません。
根気よく続けることが完全脱毛には重要なことです。

 

この体験談を読んで心づもりができたら、是非脱毛に挑戦してみてください。