今流行りのV・I・O脱毛 施術の流れ

MENU

今流行りのV・I・O脱毛 施術の流れ

最近一般的になりつつあるV・I・O脱毛。ですが他の部位に比べると抵抗がある方も多いのではないでしょうか。しかりメリットもたくさんあります。V・I・O脱毛をお考えの方の参考になるように、私の経験したV・I・O脱毛の施術の流れを書いていこうと思います。

 

カウンセリングを受け、しっかり説明を聞いたら、施術日の予約をします。施術は生理の日には受けられませんので、身体の状態を確認して予約しましょう。そして施術の前日に、施術を受ける箇所の処理をしておきます。肌荒れや傷があっても施術ができなくなるので、安全な電動シェーバーなどで処理することをおすすめします。Vラインは自分の好きな形に整えます。

 

すべて毛を無くしたり、丸く残す、またはハート型などの特殊な形にするなど自分の好みでOKです。IラインはVラインからつなげる形、もしくはまったく無くしてしまうの2パターンが一般的です。Oラインに関しては自己処理が難しいので、できるだけ、で大丈夫です。

 

施術当日サロンに行ったら、紙パンツに着替えます(ここはサロンによって色々です)。そして担当のエステティシャンに、確認をしてもらいます。もしそり残しがあったりすれば剃って整えてくれます。自己処理の難しいOラインもここでしっかり処理してみましょう。

 

ただし自己処理があまりにも甘い場合には施術を断られるので、できる限り自分で綺麗にしていきましょう。ここで不安があればきちんと確認しておき、再度形なども相談しておくとよいでしょう。

 

そしてジェルを施術箇所に塗ってもらい、脱毛機を当てていってもらいます。ジェルはひんやりするので、ちょっとびっくりします。実際脱毛のためにフラッシュを当ててもらいますが、これはカメラのフラッシュのようなパチッとする光です。

 

そして気になる痛みですが、チクッと針を刺される感じの痛みです。これは毛が濃い部分ほど痛く感じるので、腕や脇の脱毛よりは、V・I・Oラインのほうが痛みを感じます。人によるとは思いますが、我慢できないほどの痛みではないと思います。

 

Vライン、Iラインは仰向けの状態で施術します。Iラインは内股を広げる形でフラッシュを当ててもらいます。Oラインは横向きに寝て、お尻の肉をエステティシャンが持ち上げる形で当てます。これはサロンによって様々だと思いますが、基本的に、できるだけお客さんが恥ずかしくならない体勢で施術してくれるのでご安心ください。そしてエステティシャンもプロですので、恥ずかしがる必要はありません。

 

全箇所の施術が終わったら、ジェルを拭き取ってもらい、最後に肌ケアの美容液などを塗ってもらいます。これで施術は終了です。全部で30分くらいの時間です。

 

恥ずかしく、痛みも伴うのかと思っていましたが、思っていた以上に気軽なものでした。むしろ、その後の快適さを考えると、すぐにまた行きたいぐらいでした。施術をお悩みの方でも、不安がる必要はないと思いますので、これを参考に考えてみてください。

 

脱毛エステのおすすめランキングを見てみる